きよらカァサ近くのこわけランチメニュー

地鶏の炭火焼 鳥王

絶品!サクサクから揚げのミニ定食。

日本大使館の料理長も務めた店長が昔ながらのなじみがある鶏で勝負。

定番だからこそこだわり抜いたから揚げは「サクッ」とした衣とジューシーな鶏の食感に驚くこと間違いなし。サクサク感を出す為に、衣には味付けをせず、秘伝のタレに漬け込んだ鶏肉を使用。地鶏の炭火焼定食(1680円)も人気。

お店の詳細についてはコチラ

吾亦紅

石臼挽きに拘り抜いたそば粉で作るそばがき

蕎麦粉を使った初期の料理であり、そばの香りを愉しめる料理としても人気のそばがき。香りへのこだわりから石臼で挽いたそば粉を100%使用。摩り下ろしたばかりの山葵とそばがき専用のつゆで味わえる。10月からは新そばも味わえる予定。そば文化を伝えていくそば街道の名店の逸品をどうぞ。

お店の詳細についてはコチラ

手打ちそば処花郷庵

舞茸と山菜、大根おろしのぶっかけ蕎麦。

こわけランチ手形で味わえるのは小国の舞茸の天ぷらと山菜、大根おろしが入ったぶっかけ蕎麦。自家製の漬物二種盛りも付く。自慢の蕎麦は職人がその日の気温や湿度にあわせて、そば粉に対する水の量、茹で時間を調整。冬季は暖かい蕎麦に変更も可能。

お店の詳細についてはコチラ

蕎麦菜

葛ロールケーキとコーヒーのセット

きめ細かな本葛と小国ジャージー牛乳をふんだんに使ったロールケーキ。

小麦粉を使用しない本葛だけの生地はすぐに沈殿してしまう為、扱いが難しく、細かな気配りと技術が必要。しっとり、ふわふわとした独特の食感がこれまでのロールケーキの常識を覆します。コーヒーとのセットになっているので、他のお店でおなかいっぱいになっていてもデザート感覚で味わえます。

お店の詳細についてはコチラ

自然食レストラン 風のもり

玄米モッフルプレート

隣接する「あっぷるみんとハーブ農園」で自然栽培している米や野菜、ハーブを味わえるレストラン。今回こわけランチ手形で味わえるのは完全無農薬の古代米ともち米を使った玄米ワッフルプレート。モッチモチの食感と玄米ならではの香ばしさが美味な一品。自家製のブルーベリーソースと柚子ソースを付けて味わえ、季節のフルーツが添えられている。

お店の詳細についてはコチラ

総合物産館きよらカァサ

季節の野菜とあか牛カルビのミニ丼

今回のこわけランチの為に新たにメニューを開発。

柔らかなあか牛の味を生かす醤油ベースの味付けと季節の野菜、南小国産の米の相性が抜群!農産物の生産者が持ち寄る総合物産館もかねている為、季節毎の美味しい野菜とあか牛がコラボした丼を味わえます。

お店の詳細についてはコチラ